サイレントバツイチ物語 ~結婚適齢期の女性に起きた悲劇とそれから~ 第三話『泥沼』

第三話『泥沼』

○登場人物(全て仮名です。)
妻 : 物語中では【亜希】 話の主人公です。
妻の元彼 : 物語中では【史作】
私 : 物語中では【慎吾】

----------—-
 

前回の様に、私が置いてある食べ物を勝手に

食べる事が、多々あった・・・

 

もう、既に王様のように、なってしまっている史作・・・

私の部屋の冷蔵に入っている物を勝手に食べる

なんてもの、当たり前になっていた。

 

しかも、食べた事も教えてくれない。

 

私が食べようと思った時には、無くなっているので

何で無くなってるのかと騒いでいると、面倒臭そうに

 

史作 『俺が食ったのに有るわけがないやん』

 

私 『何で勝手に食べるの?』

 

史作 『お腹が減ったから』

 

私 『だから買い物に行ってるのに意味ないよね』

史作 『あぁ!うるさい!面倒くさい!』

 

と言って腕?肩にパンチ・・・

 

肉体労働もしている男性で力もある
当然、青あざが・・・

この頃から、叩く、掴んで引き回すなどの暴力が

日常茶飯事となっていった。

 

史作 『腹が減る前に飯の用意してれば問題ない!』

 

私 『私が作った物、食べへんやん!』

 

史作 『賞味期限切れの物ばっかり、食わすからや!』

 

私 『作るものに賞味期限切れは使ってない!史作が

勝手に食べた物だけやん』

 

脇腹にパンチ・・・

 

私 『うっ・・・』 ← 声が出ない

 

史作 『賞味期限切れの物を置いてるから悪いねん』

 

私 『私が食べるから放っといて勝手に食べるからやん』

 

脚にパンチ

 

私 『痛っ!さっき勝手に食べたアレも期限切れてるよ』

 

私の肩を強く掴みながら振り回す・・・

 

史作 『お前のせいで、また腹が痛くなってきたやんけ!』

 

私 『痛い!痛い!
都合がいいお腹やね、知ったら痛くなるんやね
早くトイレに行ったら?ここで漏らさんといてよ!』

 

史作 『お前が悪いんやろ!ぼけぇ!』

 

太ももに蹴り・・・トイレに走る史作

 

すぐに、トイレから戻り・・・

史作 『なんとか治ったわ』

 

私 『お腹壊してた?』

 

史作 『壊してない!でも痛くなったんやから、

お前が悪い!』

 

私 『・・・もう、そう言う事で良いよ・・・ごめんね』

 

気付けば、すでに三年の月日が過ぎていた・・・

 

今回は、ここまでです。

 

☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。

この物語は私の妻の協力により、事実を
元に作成したお話です。

登場する人物、地域などに関しては、

全てフェイクや脚色を加えています。
実在の人物や地域では有りません。

更には、物語中の事件などにも若干の

脚色も加えています。

フィクションとしてお読み下さい。

 

サイレントバツイチとは、5年、10年と

長期交際後、婚約したものの、婚約破棄

された人を表現しています。

戸籍上は無傷ですが、ほぼバツイチと

言う意味です。

※ 私達が勝手に作った言葉です。(笑)

☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。