第四話 『浮気?!』

○登場人物(全て仮名です。)
妻 : 物語中では【亜希】 話の主人公です。
妻の元彼 : 物語中では【史作】
私 : 物語中では【慎吾】

----------—-
 

もう、サイレントDVだけでは無くなっていました。

(見えないDVってことで、モラハラ = サイレントDV)

 

殴る蹴るや肩を掴まれる事などリアルDVが、

日常となっていたある日の出来事・・・

(モラハラ+DVで、スーパーDVとかにする?)

 

史作 『お前、何でキスマークがついてるねん!』

 

私 『どこにキスマークなんてある?』

 

史作 『鎖骨の所に、あるやろうがあぁぁっ!!』

 

私には、意味がわからなかった・・・

 

浮気をしたこともない、史作はキスマークをつけるような

タイプでもない、不思議に思って鏡で確認してみると

確かに、内出血で赤くなっている。

 

触って見ると痛い。

 

痛くて当然です・・・昨日、史作が掴んだ時に刺さるように

当たった親指の爪の跡です。

 

私 『あぁ、これ史作が掴んだ跡やん』

 

史作 『俺が、そんなに強く掴むわけがない!』

 

私 『でも、掴んだのは思えてるよね?』

 

史作 『知らんっ!』

 

私 『なんで?覚えてないの?都合いいね?』

 

史作 『浮気しといて人のせいにするな!ゴルァ!』

 

もう、何がなんだかわかりません。

パニックです。

 

何を独りで怒っているのか・・・

自分で付けた傷をみてキスマークって何?

 

怒った手前、引っ込みがつかないなのは分かるけど

(´Д`)ハァ…

気が遠くなるような感じがする・・・

 

あれ?

感じじゃない・・・本当に気が遠くなる・・・・

 

えぇ?

 

何で・・・あれ?

 

今回は、ここまでです。

☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。

この物語は私の妻の協力により、事実を
元に作成したお話です。

登場する人物、地域などに関しては、

全てフェイクや脚色を加えています。
実在の人物や地域では有りません。

更には、物語中の事件などにも若干の

脚色も加えています。

フィクションとしてお読み下さい。

 

サイレントバツイチとは、5年、10年と

長期交際後、婚約したものの、婚約破棄

された人を表現しています。

戸籍上は無傷ですが、ほぼバツイチと

言う意味です。

※ 私達が勝手に作った言葉です。(笑)

☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。