第五話 『別れ』

○登場人物(全て仮名です。)
妻 : 物語中では【亜希】 話の主人公です。
妻の元彼 : 物語中では【史作】
私 : 物語中では【慎吾】

----------—-
 

『えっ? えっ?気が遠くなる・・・なんで?』

 

首をしめられてる・・・・ヤバい殺される。

驚きすぎて、抵抗出来ない・・・『でも何で?』

 

と考えているうちに、首から手が離れた・・・

 

驚きと、恐怖と、パニックでその場に座り込んでいた。

 

咳き込み、必死に呼吸をする事しか出来ずに

放心状態、何がおきたのか状況が把握できない。

 

暴れながら、乱暴に扉を開き外へと出ていく史作の姿が

視界に入りましたが呼び止める事も文句をいう事も出来ずに

見ているだけしかできませんでした。

 

首が痛く確認しようと鏡で見たのですが・・・
綺麗にと表現すれば良いのでしょうか?
ロープでもかけられた様に跡が付いていました。

 

跡が消えるまでは、仕事にもいけませんでした。

こんな跡の説明も出来ないし、本当の事を言うと事件・・・

どうしたものかと、悩みましたが2日ほどでほぼ消えた

ので、助かりました。

 

史作からは、メールすら何の連絡もありません。

 

突然来たりするんじゃないだろうかと言う不安や恐怖が強く、

寂しさはまったく感じませんでした。

 

少しの不安はありましたが、毎日、目の前の事にビクビク

するような生活から開放され、少しホッとしている自分もいました。

 

流石に、このままではいつか殺されるのではないかと

思い、別れを決意しました。

 

が・・・

 

今回は、ここまでです。

☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。

この物語は私の妻の協力により、事実を
元に作成したお話です。

登場する人物、地域などに関しては、

全てフェイクや脚色を加えています。
実在の人物や地域では有りません。

更には、物語中の事件などにも若干の

脚色も加えています。

フィクションとしてお読み下さい。

 

サイレントバツイチとは、5年、10年と

長期交際後、婚約したものの、婚約破棄

された人を表現しています。

戸籍上は無傷ですが、ほぼバツイチと

言う意味です。

※ 私達が勝手に作った言葉です。(笑)

☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。

CAPTCHA