第七話 『転勤』

○登場人物(全て仮名です。)
妻 : 物語中では【亜希】 話の主人公です。
妻の元彼 : 物語中では【史作】
私 : 物語中では【慎吾】

----------—-
 

史作 『転勤が決まった・・・地方に行く』

 

私 『えっ?いつ帰ってくるの?』

 

史作 『今の所、予定は決まってない。遠距離になる。』

 

私 『わかった・・・』

 

私(心の声)「一緒に来いとは言わないのね・・・

でも、しっかりと将来を考えるには、いい機会

このまま、自然消滅もありなのかも知れない。

史作も、このまま私と一緒に居てもワガママな

モラ男のままで成長出来ないし私も30目前・・・」

 

なんて、事を考えていた。

 

実は、これを機にから本気で結婚できる人が現れないかと

真剣に悩み探し、そうなりそうな方とも知り合うのですが・・・

それは、また別のお話

(亀の館では、書きません。本人のブログで書くかも・・・)

 

転勤してからは、気が向いた時にLINEで

やり取りする程度でした。

 

そして転勤して、4ヶ月後・・・衝撃が走る?

LINEでのやり取り・・・

 

史作 『俺は、モテるんや!』

 

私 『突然なに?彼女でもできたん?』

 

史作 『・・・・』

 

私 『そっちで彼女作ったん?!』

 

史作 『あぁ そうやウザいのぉ!

そうそう、彼女出来たから別れるぞ』

私 『絶対に別れたれへんから!勝手すぎる!』

 

浮気したのを自分でバラしてしまって、後戻り出来なく

なって、突然、別れると言い始めるモラ男・・・

別れた方が良いのも分かっている、特に寂しさもない

けど、何か悔しくて、別れないと言い続けた私・・・

意地を張って、損するんですよね・・・

 

でも、もう嫌な女を演じて居るだけで、気持ちは

離れていたのに、1ヶ月後、

『何を考えているんだ私はっ!』

と言う状況へと進んで行くのです。

 

今回は、ここまでです。

☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。

この物語は私の妻の協力により、事実を
元に作成したお話です。

登場する人物、地域などに関しては、

全てフェイクや脚色を加えています。
実在の人物や地域では有りません。

更には、物語中の事件などにも若干の

脚色も加えています。

フィクションとしてお読み下さい。

 

サイレントバツイチとは、5年、10年と

長期交際後、婚約したものの、婚約破棄

された人を表現しています。

戸籍上は無傷ですが、ほぼバツイチと

言う意味です。

※ 私達が勝手に作った言葉です。(笑)

☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。