第十話 『未来へ・・・』

○登場人物(全て仮名です。)
妻 : 物語中では【亜希】 話の主人公です。
妻の元彼 : 物語中では【史作】
私 : 物語中では【慎吾】

----------—-
結婚の言葉に、舞い上がった私・・・

友人たちや、職場の人たちにもプロポーズされた事を

ハイテンションで自慢していました。

 

心の声(私は勝ちぐみいぃぃ!結婚するのぉぉぉぉ)

ただ、プロポーズからは、なかなか進展がなく、

でも有頂天の私は、プラス思考過ぎた・・・

 

心の声(結婚指輪の貯金でもしてるのかな?www)

浮かれたまま、半年が過ぎ・・・

そして私の誕生日・・・最悪の事件が起こる。

 

作 『誕生日やろ有名店に食いに連れて行ったる!』

 

私 『ホンマに?でも無理せんでいいよ』

 

史作 『エエから、行こう!』

 

私 『ありがとう』

 

店に到着・・・

数店舗の支店がある有名店・・・

 

店員 『申し訳ありません。満席です。』

 

史作 『どのぐらい待てば良い?』

 

店員 『申し訳ありません。ご予約でいっぱいです。』

 

史作 『あぁ!?なんでや!別の店舗行くぞ!』

 

私 『えぇ! 予約してないの?絶対ムリやん』

 

そして次の店舗も断られ、その次の店舗で奇跡的に

3時間待ちで入れることに・・・

 

史作は不機嫌を通り越し鬼の形相(やっぱりね・・・)

そして、店に入っても不機嫌なままなので・・・

 

私 『私の誕生日やし、機嫌直してよ』

 

史作 『お前の誕生日のせいで、

    イライラしてるんやろうが!』

 

私 『折角、連れてきてくれたのに楽しくなくなるやん・・・』

 

史作 『うっさい、さっさと食えや!』

 

多少、空腹が収まり、少し機嫌が直った気がしたので

ずっと、気になっていた事を聞いてみた・・・

 

私 『半年前に結婚しようって言ってくれたやん?

   あれって、どうなってるの?

   全然、何も進んで無い様に思うねんけど』

 

史作 『はぁ?何を言うてるん?信じてたん?

    アホちゃうん?あれは冗談で言うただけや』

 

あまりの衝撃に、言葉も、涙も何も出ません・・・

この人を信じた私が悪い・・・

 

モラ男だと知っていたはず

 

当然、イライラしていた事もあって、本心と違う事を

言ったのだろうと思うけれど、でもやっぱり、結婚を

考える相手では無いことを再確認できた・・・

 

結婚を考える女性にとって、非常に重要な時期である

20代中旬から後半、そして30代・・・

 

8年もの月日を無駄にして、私は何をしていたのだろうか

 

これが現実なんだろう・・・

夢を見る相手じゃない本当に別れよう、そう決意しました。

 

決意から行動は早かった、すぐに住める部屋を見つけ、

史作に別れを告げ、最低限の家具家電を持ち要らない

物は出来るだけ処分して、同棲していた部屋を飛び出し

一人暮らしを開始しました。

 

お金がなく苦労する事も見えていたけれど、今、何とか

しなければ私の人生は、このまま無駄に終わってしまう。

 

私の為にも、史作の為にも今、別れることが正しいことは、

一目瞭然・・・

 

ダメ男を育ててしまったが、その報いも受けた。

もう何も戸惑うことはない。

 

未来へ向けて、前を向いて生きなければ!

 

次回、最終回につづく

☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。

この物語は私の妻の協力により、事実を
元に作成したお話です。

登場する人物、地域などに関しては、

全てフェイクや脚色を加えています。
実在の人物や地域では有りません。

更には、物語中の事件などにも若干の

脚色も加えています。

フィクションとしてお読み下さい。

 

サイレントバツイチとは、5年、10年と

長期交際後、婚約したものの、婚約破棄

された人を表現しています。

戸籍上は無傷ですが、ほぼバツイチと

言う意味です。

※ 私達が勝手に作った言葉です。(笑)

☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。*†*。☆。

CAPTCHA