親友の定義、友とは何でしょうか知人との違いは?

はい、こんにちは ※ fghiklの意味を知りたくて来た人は こちら

好きと嫌いは紙一重?!

で、書かせて頂いた親友についての話をしようかと思います。

 

これは、私が思う定義であり絶対ではありません。

賛否両論あると思いますが、こんな考えも有るのかと思って頂けると幸いです。

 

では、まず・・・

『友』とは・・・

親しい知人や仲がよい事を示す漢字です。

 

一つの漢字で、もう既に親しい間柄となっています。

 

親しくない人は知人であって友人では無いのです。

なので私は、友人と言う言葉もほぼ使用せずに知人と言うことが多いです。

その言葉で気を悪くする人も居ますが、その程度を気にしている間柄と言うことで『友人』ではないです。

 

親しい・・・『親』とは非常に近いと言う意味もあります。

単純に親(おや)ですからね誰よりも近い事ですよね。

 

親兄弟の様に近い存在が友人であり、それに更に親をつける必要なんて無いんです。

 

強いて言うのであれば『真友』ですが、真友 = 友人であり、それ以外は、友人とは言いません。(笑)

 

そして、『親』という字はには、また少し違う解釈もあるんです。

「木の上から立って見る」ではありません。

 

一説では、立+木は位牌の事を指した言葉だそうです。

※細かな解説はやめておきます。ググって見てくださいね。

 

位牌を見て亡くなった父、母を想う事を漢字にしたのが『親』です。

 

もし『親友』という言葉を使うとするならば・・・

何年も合わなくても、気にしない会えば昨日も会ったかな?と思える様な親兄弟に近い間柄であり、どちらか先に死ぬまで『友』だった人達が、過去を振り返り確信し、その想いを表す為にだけ許される言葉、それが『親友』なのでは無いでしょうか。

 

たった数年程度の間柄で、今、仲が良いだけで簡単に『親友』と発するような言葉では無いと思います。

 

簡単に『親友』を発する人達がよくテレビやネット上などで言ってるのが

 

「親友の彼氏と浮気しちゃってぇ・・・fghjkl;:フジコフジコ」

とか・・・ => fghiklの意味は、 こちら

「親友にお金を貸したら逃げちゃった」

とか・・・

「昔は親友だったんですけどマジで喧嘩して今は殺したいですね」

とか・・・

 

それって、親友でも無ければ、友人でもないですよね・・・

 

その人それぞれで言葉の意味や解釈は違うと思います。

強要するつもりも、否定するつもりもありませんが、こう言った考えも有るんだなと、この機会に一度、自分自身の知人、友人の事を考えて見ては如何でしょうか?

 

友と言うのは親兄弟の様に掛け替えの無い他人のことです。

 

金銭トラブルなんかで崩れる関係は友ではありません。

男女のトラブルが発生するのは友ではありません。

喧嘩したから二度と口を聞かなくなるのは友ではありません。

 

金銭トラブルがあっても、しっかりと話しが出来るのが友。

男女のトラブルなどが発生しない。相手の事を無意識で気づかえるのが友。

喧嘩したのに数分後には笑い合ってるのが友。

 

如何でしたでしょうか?

何かの解決や考えのキッカケになりましたでしょうか?

 

何かあればご相談下さい。

当たるも八卦当たらぬも八卦ですが、動くことが先へ繋がります。

外れも、またキッカケを生みます。

 

ではでは、また

 

↓↓ポチっとよろしく

スピリチュアルランキング

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。