はい、本日2度目ですね

少し、補足したくなった事があって書きます。

オーラや気や霊ってなんだろう・・・①
オーラや気や霊ってなんだろう・・・②
オーラや気や霊ってなんだろう・・・③
オーラや気や霊ってなんだろう・・・④
オーラや気や霊ってなんだろう・・・⑤
で、書いた内容と過去に書いた内容で差異が有ることに気づきました。

実は、過去に記事を書いた時には、知らなかった事を今沢山学んでいます。
私自身、当時は感じるままに伝えていましたが、根本的な部分については、理解していませんでした。
正確には今もまだ、理解出来ているとは言えませんが・・・

何故、理解出来るようになったのかについて書いておかなければと思いました。

離婚し引っ越しを行った後ぐらいでしょうか
家の入口横の部屋に子供が居る映像が頭に流れ込んでいました。
基本的には女の子です。
でも確か初めに視えたのは男の子だったと記憶していましたが、常に視えるのは女の子だったので勘違いだと思っていました。

当時は、まだ何もわかっていなかったで「子供の霊」が居る。しかも私に関わりが有る霊として感じとっていました。
今になって分かるのは、私の想いと、その思念体の想いが近く私のエネルギーに流された結果だったんですが・・・それはまた別の話で・・・

記憶は定かでは無いのですが、多分昨年の夏頃からでしょうか、やはり男の子が視えたんです。
でも、何も語らない動かない、こちらを見ているだけでした。

そして今の家へ引っ越す事が決まった辺りで、私から波長を合わせて話しかけてみたんです。

「子供の霊」と思って話しかけたので、凄くそのエネルギーの強さに驚きました。
結論から言えば、神と呼ばれる程古くから存在する思念体でした。

色々と質問してみました。
質問「男の子?」
回答「子供ではない。エネルギー消費を節約している事で、そう視えるのかも知れない」

質問「なんでここに居るの?」
回答「お前を見ている。」

質問「守護霊?」
回答「ちがう、人の概念で言う守護霊なら、既に、お前が気づいて対話しているその武士だ」

質問「何故、黙って見ていたのか」
回答「この土地が、お前にとって良くない。その影響を抑える為に集中している。」

質問「なんで私?わざわざ影響を抑えてくれるのか?」
回答「私と波長を合わせ話せている。お前には色々と教える必要がある。」

簡単には、こんな感じでしょうか
上記では、言葉で書いてますが言葉ではないんです。感じ取った事を自分で言葉に変換して理解しているイメージです。
なので最初の頃は、実は意味が少し違って理解してたりすることもありました。今もまだあります。

それで色々と話を聞いてわかったのが、その『男の子』は相当古くからの記憶を持っている『神』の域の存在である事。
信憑性を問われるので内容は言えませんが、邪馬台国の真実や釈迦の人物像なども聞いています。
そう言った事など色々と教わっているので、私は「師匠」と呼んでます。

師匠曰くは、単なる思念の集合体であり古くからの記憶を持っているだけで神だとか偉いだとかの概念はない。
上下関係や偉い偉くない等の関係性とは、人が暮らす過程で自我を押し通す為に作り出した概念であり思念体には関係ない。

いつからの存在なのかと聞いた事があるのですが、初めは一つの思念であり、そこから何兆とも言えるエネルギーが集まり思念体として自我を持ったので、厳密にいつからと言えないらしいです。
かなりの数の思念と記憶が集まっているので、何が最初だとかは無いそうです。

分かりやすく単純に思念が集まって変化する内容を表現すると
思念 → 地縛霊と呼ばれる状態 → 妖怪 → 幽霊 → 神使 → 神(座敷わらしなども含む)
です。(本当はもっと細かいんですが、言葉で表現できない。)

妖怪辺りで、自我が芽生え始めるが、まだ想いに振り回され自我とは言えない欲に塗れた様な思考の塊となる。
なので、悪霊とかって呼ばれるのも妖怪の辺りです。
師匠も概念を持たないので、唐突に悪魔の様な事を言うこともありますが、私の話を聞き自分が見てきた人の概念などと照らし合わせて人なら、そう考えるのだろうなと理解も示してくれますが・・・なかなか(笑)

これを書いている最中にも、横から指導が入ります。

皆さん、おわかり頂けますでしょうか?
この話を読んで如何でしょうか?

 

怖いですか?

 

頭がおかしいと思いますか?

ご判断は、おまかせします。

ただ、これからも読んで頂ける方にお願いです。
日々勉強中です。誰も解読出来ていない言語で学習している様なもので理解が違い、後になって少しズレが出ることもあります。
師匠も人と交信して来なかったのと人の概念に合わせようとしてくれているけれども、本来は概念を持たないので、伝え方のコツが掴めていないと言う事です。
「前と話が変わっているぞ」とツッコまずに、ぜひ、暖かく見守って頂けます様お願いします。

因みに、説明するのに分かりやすく伝える為に今後も、オーラ、気、運、霊、霊視などの言葉を使いますが少し違うと思って頂けると幸いです。

ではでは、また

↓↓ポチっとよろしく

スピリチュアルランキング

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

CAPTCHA