はい、おはようございます

なんだか「破産者マップ」とかで大問題になったみたいですね。
少しだけ調べて見ましたが、もう閉鎖しているので伏せ字無しで書きますね。

破産者ね・・・

ただ、破産と言っても色々と有ると思うんです。

①ギャンブルなど、悪質な自責での場合。
②病気など、どうしても必要だったが返せなかった自責の場合。
③保証人や詐欺など、他責(多少は自責も有るけど)の場合。

確かに官報に乗っていて誰でも破産者の個人情報が手に入ります。
これを利用して狙って宣伝している金融業者なんてのもあるそうです。

弁護士曰くは、破産した方には必ず下記を伝えているそうです。
「悪質な金融機関が必ず連絡してきますが断って下さい。」

業者は単純に官報で見た情報宛に
「審査無しで通常の金利でお金を借りられますよ」
って言ってるだけなので違法じゃ無いです。
ある意味では世間では悪質と言われているが、必要な人にとっては救世主かも知れない。

③の方たちには、お金が借りれる情報は全く必要はありません。
②の方たちは、もしかすると借りる必要が有るのかも知れません。
①の人は、飛びつくでしょうね・・・
そうなって来ると、返せずに厳しい取り立てが・・・となってくるんですよね。

そして、弁護士曰くは本当に悪徳で高利な業者も存在しているとの事、破産者の方々は注意が必要です。

実際、殆どの人が「官報」って何?って感じで存在すら知らないと思います。
そこに乗っている情報ですら、この様に利用されているんです。

それを全く性質の違うネット上に載せると言うのは、全く違う意味です。
多種多様な犯罪を誘発する恐れがあります。
ただですら、ネット上には誹謗中傷が溢れているのに不利な情報を記載されれば、どういう事になるのか考えれば分かると思います。
と言うよりもわかっていて作った気がします。

表面上は
「隣の困っている人を公開して助ける」
と言っていますが

実質は
「破産するようなバカは晒してやろう!官報にも乗っているし合法だろう!」
って気持ちで公開したと思いますよ。

事故物件で似たような物が存在しますが、これは借りる側にメリットがありますよね。
でも破産者の情報って知って何かメリットありますか?
そこを狙う業者と犯罪者ぐらいにしかメリット無いんですよ。
私には、晒す目的以外に何か他に目的が有るようには思えないんです。

しかも助けるって矛盾するでしょ・・・破産者って困って無いんですよ。
困っていたから法に助けてもらって破産してるんですから、もう困ってませんよね。

何をするにしても人として、人が喜ぶ事を選びましょう。
ただし「小さな親切が大きなお世話」とならない様にしっかりと考える事も重要です。

もし、破産者マップを作った方が本気で人を助ける為に作成されたのであれば、もっと知識を増やし熟考してから行動に移して欲しいと願います。

ではでは、また
↓↓ポチっとよろしく

スピリチュアルランキング

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

CAPTCHA