終戦記念日

はい、おはようございます。

 

昨日は、日本の終戦記念日でしたね。

 

私には、関係のないことです。

 

と言えば、また叱られたり、炎上したりするのかも知れないけれど、でもやっぱり関係ないでしょ・・・(炎上したことないけどねw)

 

確かに戦争って色々失うよね悲しいよね怖いよねって思うけど、それ以上はわからない。

それだけわかっていれば十分だと思う。

 

戦時中も知らないし、戦後の暮らしも知らない。

 

私が知っているのは戦後と比べれば、確実に裕福で明るくて楽しくて幸せなのに、バブル崩壊とか、不景気とか言って、不幸を煽っている時代です。

 

って、話の方向がちがう・・・(笑)

 

本当に書きたかったのは・・・実は、

 

はい、今日は、私の終戦記念日です!(笑)

本当にたった2ヶ月間の戦いだったけれど、辛かったな・・・

 

どちらが勝ったのか負けたのか・・・事実を見れば私が勝ったんですよ。

 

でもね深手を負ったのは私で、事実を知らない世間から見れば私が悪であったりもするし、私の負けだと認識している人も多い。

 

実際は勝ち負けなんてのは、私のプライドだけの問題でなんの意味もない事も知っている。

 

妻には感謝しているし、今、幸せなのはわかっているし、実感もして、更に新たな未来へと進んでいるけれど、傷跡が疼く・・・

えぐられた心の傷は、完全には癒えていない気がする。

 

心の傷も、身体の傷と同じで傷跡が残り、それが後遺症になったり疼いたりするのだと思う。

 

疼くと、その時の痛さ、辛さ、怖さを思い出し辛いけれど、何で傷を負ったかは重要じゃなくなっている。

 

2年が過ぎ、傷が疼く頻度も減って、辛さも弱くなっている事は確かで、いつか本当に傷が癒える日が来るのだろうと思う。

 

そう思えるのは、本当に妻のおかげ。

もし独りだったら、傷跡どころか、傷は癒えず、膿んで、腐っていたと思う。

 

本当に妻には感謝しかない。

 

今日は私の終戦記念日でもあるけれど、妻と新たな未来へと進み始めた日です。

辛い日々は終わり、明るい未来へと歩みだした日です。

(妻へ、心より、ありがとう!そして、まだまだ長い未来、よろしく!)

 

いつか私の心の傷が癒えて、終戦記念日以前の争いの痛み悲しみ辛さを思い出す日ではなく、終戦記念日以降の嬉しく楽しく明るい日々を思い返し祝い、更に未来への希望をもつ日にしたいと思う。

 

それと同じ様に、日本の終戦記念日についても、悲しい辛い怖い日々を思い返すのではなく、そこから繋がった未来を祝う日になれば良いなと思います。

 

ではでは、また

 

LINE 登録はこちらから↓

友だち追加

↓↓ポチっとよろしく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

 

スピリチュアルランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。