実力

はい、こんにちは

 

「お前の実力を出し切れれば勝てる」

とかね

「今回は、実力が出しきれませんでした」

とかね

 

スポーツとかやってると、こんな言葉を聞くこと多いと思うんだけど、私は、この言葉に対して違和感を感じるんですよ。

 

これはスポーツに限った話じゃなくて占いも同じだし、何でもそうだと思うんですが・・・

 

「実力」なんですよね。

実際に発揮できる力ってことです。

 

と言うことはですよ。

 

実力を発揮出来なかったのではなくて、その結果が実力なんですよ。

常に最低でも出せる結果、それが本当の意味での実力です。

 

だから上で言ってる事を直すと

「お前のMAXの結果を出せれば勝てる」

とか

「今回は、MAXの力が出ませんでした」

とかになる。

 

こうやって書くと奇跡を信じたけど駄目でしたって感じません?

 

「MAX = 実力」と考えていると

「平常 = 実力」と考える人には、及びません。

 

例えば100m走

※これは例え話です。細かなツッコミはなしで!

 

公式な自己ベストは、9秒99です。

公式な平均タイムは、10秒50です。

 

これ実力は10秒50です。

限界値(MAX)が9秒99です。

 

自己ベストは、10秒10、平均タイムは、10秒30

の人には、ほぼ勝てない。

 

自己ベストは、今の限界の証明であり実力じゃない。

そこまでしか出せないと言う事、そして常に確実に出せる力こそが実力です。

だから、出しきれなかったと思ったとしても、それが今のあなたの実力です。

 

仕事に置き換えて考えれば、わかりやすいかな?

 

「君に任せる。君の実力なら可能だと思う」

これを言うときって、確実に出来ると思う人にしか言わないでしょ?

もしかしたら、限界まで頑張れば出来るかも知れない人に重要な仕事頼みますか?

 

だから、どれだけ良いように言っても現実に出た結果が実力なんです。

 

「実力が出せなかった・・・」

と言うのは言い訳で、結果が現実なんです。

 

占い師も同じ、的確な答えに導けなければ意味がない。

今日は、調子が悪いなって言う日もあるけれど、それでも依頼される方には関係のないことですからね。

 

当たってなんぼ、道標を示せてなんぼですからね。

常に力を発揮できないなら、占い師を名乗るべきじゃないです。

と自分に言い聞かせる。

 

ではでは、また

 

LINE 登録はこちらから↓

友だち追加

↓↓ポチっとよろしく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

 

スピリチュアルランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。