ノミネート作品発表!

はい、おはようございます。

 

作品って言って良いのかな?(笑)

 

先日、募集させて頂きました私の名前の件で、色々と考えて頂きましたので、それを発表したいと思います。

※因みに、まだ、どれにするかは決めてません。

○パクリパターン(笑)
・亀仙人
うん、これめっちゃ言われましたけど、ドラゴ○ボールの丸パクリなので(笑)

・ココ・ジャンボ
はい・・・ジョ○ョの丸パクリなので・・・(笑)

○読み方だけ違うパターン
・クールマ
大地を支える巨大な亀の名前ですね。
ヒンドゥー教に絡むので、宗教っぽくなっちゃいますね。

・ひさし
亀に、こんな読みがあるとは知らなかったです。
※調べたら、その他にも「あま、あや、すすむ、ながし、ひさ」って読むらしい。

○二文字パターン

このパターンが一番多かったです。

・亀鑑(きかん)
亀が鑑定する・・・そのままですね。
手本や模範の意味があるそうです。

・亀方(きっぽう)
音の響きが良いかもですね。
歴史上に『お亀の方』と言う方がおられますね。

・亀寿(かめとし)
凄くめでたい感じがしますね。
これも歴史上に『津島亀寿(つしまかめじゅ)』と言う方がおらえれます。

・寿亀(としかめ )
これも同じくでめでたいですね。
日本酒の名前に使われたりしていますね。

・深亀(しんかめ)
深い海の中が見える感じがすると言うことです。

・新亀(しんかめ)
新しい亀・・・ある意味あっているのかも知れないです。

・清亀(しんかめ)
清い亀ですか、私が清くないのでもったいないかも(笑)

・亀鏡(きけい、ききょう)
これも響きが綺麗な印象ですね。
亀鑑と同じ意味がありますね。

・亀写(きしゃ)
亀が写すんですね・・・
意味合いとしては良いかも知れませんね。

・仏亀(ぶっき)
ちょっと宗教っぽいので難しいですね。

・亀教(ききょう)
亀が教える・・・ある意味あってるけど、教えるより伝えてるって感じかな?

○三文字パターン
・貴視亀(きしき)
貴方を視る亀って事でしょうか・・・
字の意味としては、そのままですが音としては噛みそうですね。

○漢字不明パターン

・かめのや
「亀の家」なのか「亀の谷」なのか「亀の屋」なのか・・・

「亀之屋」とかだと、ちょっと心○っぽい気もするよね(笑)

その他、下ネタも頂きましたが・・・うん、それこそ電話で言えない(笑)

実は今回の募集で・・・

「亀さんが親しみやすい。」
「亀先生が覚えやすくて気に入ってます。」
「亀仙人ぽいイメージがあるから、亀で良いじゃないかな?」
「占いをしてくれる亀って何か良いので、そのままでも良いと思う。」

などなど、他にも沢山『亀』のままでも良いのでは無いかと言うご意見を頂きました。

 

私としては、あぁ~もう、少しだけでも浸透しだしているんだなと嬉しくなりました。

 

そのまま『亀』で進むのか、変更するのか、どちらにしても今しか選択するタイミングは無いと思います。

 

ちゃんと考えて、視れるかわかりませんが、今回に関しては自分を視る事に挑戦してみようと思います。

 

沢山、ご回答頂き、ありがとうございました。

 

ではでは、また
 

LINE 登録はこちらから↓

友だち追加

↓↓ポチっとよろしく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

 

スピリチュアルランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。