カウンセリングと占いの違いってね、本当を知れば気が狂うよ

はい、こんにちは

 

最近、妻にも相談者さんにも、よく言われる事があるんです。

 

妻 「亀鏡がやってることって、カウンセリングだよね」

 

私 「どうやろう?占いって悩みを聞いて解決に導くから、近いかもね」

 

妻 「少し違うと思う、一般的な占い師って相手関係なく鑑定して結果を伝えておわりでしょ?だから、アプリとかでも結果がでるよね。」

 

私 「確かにね」

 

妻 「亀鏡って、占いの結果も伝えるけど、その後も相談者さんの悩みや話を親身に細かく聞いて解決策を一緒に考えたりヒントを与えてして、心を穏やかにする方へ導いていると思う。それってカウンセリングでしょ?」

 

私 「そうやね。」

 

妻 「だから占いを使ったカウンセラーだと思う。霊視やオーラ視たりもするから、スピリチュアルカウンセラーなんじゃない?」

 

と言う話があり・・・

 

スピリチュアルカウンセラーについて調べた。

 

概念的には、私は、やはりスピリチュアルカウンセラーの方が近く、手法として占いを取り入れていると言った感じになる。

 

ただね、スピリチュアルカウンセラーを調べている最中に見つけた文章の中で

 

「見えない世界の原理原則を伝え、云々カンヌン」

 

ってのがね、よくあると言うのか、こう言う表現の人が多い気がするんですよね。

 

視ている内容?共感覚の違いなどなど様々な事があるので、否定はしませんが、私の感覚では、そのまま伝えるの?って感じなんですよね。

 

私が知る限り、思念界では人が理解出来るレベルの原理原則なんてないし、人の概念で捉えられる世界でもなく、それを視て伝えた所で人の世界に何の意味もない。

 

※ 思念界・・・新しく言葉を作ってみました。エネルギー体のみの概念の無い世界の事と思って下さいね。

 

それをそのまま伝えるのではなく、それを自分の中で消化して人間界に合わせた情報として伝える必要があると思う。

※ あ・・・これって通訳かな(笑)

 

でも、これだと占いなんですよね。

 

カウンセリングと言うので有れば、その人の内にある思念を引き出し昇華する事が重要であって、原理原則よりも、その人と向き合うったり、寄り添ったりする事が大切なんじゃないかな?と思います。

 

これが私の見解です。

間違っても否定や批判と捉えないで下さいね。

 

正直な話、私も言葉で伝えるのに限界があると感じるし、思念界の1%も説明出来ていないと思います。

こればかりは、私の頭の中を見てもらわないとわからないです。

 

ただ、私の頭の中を見れた場合に

そこに存在する恐怖、混乱、混沌に耐えられる人は殆どいないと言うのが師匠の意見です。

 

確かにね・・・恐怖に関しては自分でも思う所はあります。

 

軽くともパニック障害程度、殆どの人が精神が崩壊し正常ではいられないと思う。

 

精神は崩壊しなかったとして、概念の存在しない世界に触れたことにより人としての概念から外れ、殺人鬼などサイコパスや精神異常者の様になる人も多いと思う。

 

軽く疑似体験を説明します。

何度、臨死体験や休止に一生の体験をするんだろうか・・・と思う。

 

・人為的に生き埋めにされる。

※他殺は思念が強いからね古い思念も多数残ってる。

(顔だけ出されているパターン)

(完全に埋められるパターン)

 

・真冬に自宅で倒れに意識はハッキリしてるのに身動き取れないまま12時間放置される。

※助けてもらえない恐怖って本当に孤独で耐え難い。

 

・濁流に飲まれ、苦しさどころか振り回され体中に何かが当たっているのか全身が激痛・・・でも一瞬で気を失う。

※苦しいし痛いし見えないし上下分からないし、もう何がなんだか分からないし一瞬なのにスローで長時間に感じる恐怖。

 

思念が強く受け取りやすいと思う体験を書きましたが、ほんの一部です。

これを自分が体験した様に覚えていると思って下さい。

それが日々追加されます。

 

何で私自身、怖いと思いながらも精神を保てているのかは、自分でも不思議です。

本当にトラウマレベルの恐怖を感じて身動きが取れなくなったり、その場で崩れ落ちそうになる事もありますが、精神を集中すると払えると言うのか正気を保てるんですよね謎です。

 

誰が何処でいつ、とかまでは分からないし、事前だったり、事後であったり、色々なので定まらない。

なので警察に協力して事件解決なんてドラマみたいな事は出来ないです。

 

何の意味があって、私に流れ込んで来るのか知らないんですけどね。

 

師匠曰くは、漂っている思念を拾ってしまって、それを共感覚で映像化しているから、リアルに記憶に留まると言うことらしいです。

 

※今は、スイッチオフみたいに出来るので、拾わずに、なんとかスルーしてますが、過去に拾ったモノは記憶としては残ってます。

 

それなら、事前に察知する事の意味が・・・と思ったんですが、よく考えると時間や場所などの概念もないと師匠が言っていたのを思い出しました。概念が無いのに概念があって・・・とややっこしい部分です(笑)

 

だからこそ、予言、予知が出来る人も存在するんですけどね。

 

ちゃんと深く考えると、もう、この時点で人が理解できる範疇を超えてしまってるんですよね。私も理解できてないですから(笑)

 

と話が、飛び散って、あっちこっちに行ってしまいましたが、結局の所で言えば、私は

 

「占い師 亀鏡」

 

で良いかなと思ったと言う結論です(笑)

 

妻曰くは、セラピストでもあるよねと言いいますが、知人以外には積極的にはしないので、それは違うかなと思っています。

 

因みにですが、私の手で触れる事でいやらしい癒やし効果があるらしいです。

※ 変な変換されたから、残しておいた(笑)

 

妻は、肩が凝ったり、目が疲れると

「ちょっと手を貸して」

と言って、私の手を辛い部分に当てたりしています。

 

興味がある方は、言って下さいね・・・対面でしかしないけど(笑)

ではでは、また

・LINEは、こちらから

友だち追加

 

・ポチっとよろしく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。