幸せとは手に入れる物なのでしょうか?無料の占い師が考えてみた。

はい、おはようございます。

===========================
・初めてお越しの方は下記をご覧頂けると幸いです。

○心に語りかける占い師 亀鏡【プロフィール】

○占いとは当たるも八卦当たらぬも八卦

○占いの料金は完全無料です。

○亀鏡が思う運の解釈
===========================

幸せになる方法って実は簡単で、一番難しいんです。
だって、幸せかどうかは自分で決めるしか無いからです。

収入が多くなれば幸せになれると思っていたのに欲が増えて不幸になった様に思う人もいる。

あなたは今、幸せですか?
不幸ですか?それは何を元に答えていますか?

生きているだけで幸せと言う事を耳にする事がありますが、それは違うと私は思うんです。
冒頭でも書きましたが幸せなのかどうかは、その本人が決めるだけの事だからです。

他人から見れば、凄く苦労して貧しい生活を送っている人が

『私は幸せなんです。これ以上求めるモノは何もありませんよ』

って言ってたりするんです。

人ってね自分単体で考えるのが苦手なんです。
苦手どころか、ほぼ出来ないと言ってもいいかも知れません。

仏教で言う『空』です。

人の感情だけで言えば比較して自分が、どうなのかを決めます。
3大欲求以外の物欲や独占欲などの欲に関して言えば、比較対象が有るから発生する欲です。

人が持っているから欲しいと思う物欲。知らなければ欲しいとも思わない。
人に取られる事が怖いから、独占しようとする独占欲。取られないなら独占する意味がない。

選べるから好きな人と、嫌いな人が出来る。
その人以外の人が居なければ、好きも嫌いも無い。

幸せも人と比べて言ってない?
今ね、家があって、毎日、何か食べれて、綺麗な服がありますよ。
それでね、それを維持できる仕事が有るんです。

全て失う可能性も有るんですよ。

それを全て失った時こそが不幸なのでは無いでしょうか?

人は幸せの真っ只中にいると気づきません。
とてつもなく強い非日常的な幸せには気が付きますが、それは非日常だから強く気がつくのです。

例えば海外旅行で綺麗な景色が見れて幸せを感じたとします。
確かに、幸せだと思います。

ただ、

その旅行に行けるだけの環境がある幸せは感じていないですよね。

健康で五体満足で目が見え耳が聞こえ、旅行に行くだけの収入を得る方法がある。
その幸せには気が付かないんです。失って気がつく事が多いんです。

子供を育てた経験のある方なら、わかると思うのですが・・・

子供が3才~6才ぐらいまでって、凄く手がかかるし大変ですよね。
毎日ドタバタ、イライラして、一瞬で過ぎ去ってしまいます。

そして、その子が中学に上がる頃に、当時の事を振り返り写真を見たりすると、めちゃくちゃ可愛くて楽しそうで幸せな、場面が蘇って
「大変だったけど可愛かったなぁ幸せだったなあぁ~もっとちゃんと見ておけば良かったなぁ~」
って思ったりしませんか?

今現在、子供が中学生まで成長した喜びによる幸せには気がつきませんが、過ぎた過去の別の種類の幸せには気がつくんです。

不幸はやって来ません、幸せが去って行き、その幸せな時と今を比較するから不幸なんです。
幸せとは日常に存在するモノで、なるモノでも勝ち取るモノでもありません。

だからね。
多くの人が実は今現在、幸せの真っ只中にいるんですよ。
『私は幸せなんです。これ以上求めるモノは何もありませんよ』
と言うのは究極なので、非常に難しいと思うのですが、自分が幸せなのだと認める事はできると思います。

『私は今、幸せですよ。だけどね、もう少し刺激が欲しいんです』とかね
『私は今、幸せですよ。だけどね、もう少しお金が欲しいんです』とか、素直に言えば良いと思う。

不幸アピールすればする程、幸せである事から離れる様に自分で導いてしまいますよ。
幸せだと不幸アピール出来ない!幸せから離れなければって潜在意識が判断しまますからね。ご注意を!

欲があるから、煩悩があるから、苦しいけど繋がるし生きてるからね。それが人間だから良いんです。
しっかりと今の幸せを認めて噛み締め、今が有るからこそ、もっと欲しいと素直に思う事が、より幸せになる為の近道なのでは無いでしょうか?

ではでは、また

素人が占い師になるメール講座をスタートしました。
まだまだ発展途上だと思います。

今はまだ何も出来ないけれど、人の役に立ちたい。
先々には独立して、仕事をしたいなど思う方は、是非ご登録下さい。

もちろん無料です。

・素人が占い師になるメール講座

メール講座ご登録はこちら

・LINEは、こちらから

友だち追加

・ポチっとよろしく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。