給料が安い・・・長く真面目に勤めていても給料が増えない。

はい、おはようございます。

増えないでしょうね。

長く真面目に勤めていて、その真面目に勤める事で会社にどれだけの利益がありますか?

たとえ、日本一の大学を卒業して、一流企業に就職できたとしても、真面目に勤めるととか、頑張って役職をあげて・・・なんて考えだと収入は増えないですよ。

一部の流れに乗れた人は、なぜだかトントンと役職も収入も増えますが・・・それは特殊だと思って下さい。

では、なぜ真面目に頑張っても収入が増えないのか?

 

30年程前であれば、ある程度の企業に入って真面目にコツコツ仕事をしていれば毎年昇給し、今では驚く程のボーナスも貰えたと思います。

その頃は確かボーナスは年収に含んでいなかったので所得税の対象にもなっていなかったんじゃないかな?

だからね当時、年収300万だったとしても、実質は600万ぐらいだった人は多い。

でね、政治家の年収の考え方って、この頃と変わってないんですよね。

だから、何か年収に関わる内容の政策を考えた時に、一般庶民と金銭感覚がズレるんですよ。

 

と話がそれてしまいましたが・・・

よく聞く話だと思うのですが、会社とは利益を得る為の集団です。

 

ザックリと書きます。

元は1人の人が収入を得るために知恵を出し努力して始まり、手が足りなくなったので人に手伝ってもらう。

手伝ってもらう事で仕事量が増え収入が増えるので、その増えた分から仕入れや経費を抜いて、手伝ってくれた人にお礼として渡す。

更に仕事も増え、手伝ってくれる人も増える、手伝ってもらう内容も多岐に渡る。なので仕事量が増え収入も増えるけれども、収入やお礼の分配の正当性などの計算の雑務も増え、自分自身は仕事に手を出せなくなる。

この頃には、自分は仕事に手を出さなくても収入を得ることが出来る様になっている。

次第に手伝ってくれている人の手が足りなくなり、自分の手伝いを求める様になる。

ここからは、効率化の為に手伝ってくれる人が増える。1人の負担は減るが特に収入は増えない。

なので、収入としては変わらないので、1人に対するお礼の分配額は少なくなる。

 

そう、この効率化の為の手伝いが、あなたなんです。

そして年功序列の考え方の元も、同じです。

 

でも、そのまま続けていても、同じことを始める人もいて衰退するんです。

だから、手伝いの人の中で、それを打開出来る人がいれば、当然、分配の割合は増えますよね?

 

そう言う考え方で自分自身の給料と向き合って見て下さい。

自分は会社にとってどのくらい収益が得られる貢献をしているのか・・・

自分自身の働きで、会社は自分の給料✕3の利益を得られているか・・・

なぜ3倍か・・・会社各種経費、あなたを雇う事で発生する給料以外の経費、そして給料

すごく単純に考えているだけなので、ツッコミはなしで!(笑)

 

入社直後は、会社としてはマイナスな事が多いです。

だって、入って即戦力って無いから、仕事は知っていても会社のルールとかやり方があるから、どうしても研修期間は必要。

そして、プラマイゼロと思われて・・・少し利益が出る仕事をしているなと判断されても、まだスタートじゃないんです。

その利益分で入社時のマイナスを埋めて、更に大きな利益が出てきて初めて昇給です。

 

分かりますか?

会社にとって新入社員は、マイナスが大きいです。

なので真面目に勤めていても、そのマイナスを埋めてプラスにしない限りは昇給は望めません。

真面目に日々コツコツ、プラマイゼロの仕事をしていたら、給料も評価も何も上がらないんです。

でも、与えられる仕事をこなすだけで、何か新しい事をするチャンスも無いと思ってますか?

それってね。大きな事をしようとしてるからですよ。

ドラマの様に、新たな事業を立ち上げて成功するなんてのを夢見てるんじゃないですか?

それをするには、それが出来る部署、出来る立場にならないと無理ですよね・・・だから無理って皆、思うんですが・・・

 

それは違うんですよ。

小さな提案、小さな改善を繰り返すんです。

例えば一つの作業に関してでも、思いついた事があれば上司に確認して実施してみる。

却下される場合には、見えないデメリットが存在する。

だから、諦めずに1秒でも効率が上がるような提案を繰り返す。

 

そうすれば、会社が求めている以上の成果を残す事になり、収益にも貢献した事となるんです。

当然、給料にも少しずつ反映されます。(反映されない会社は辞めてもいいと思う。)

但し、1つや2つの改善で簡単に反映されるとは思わないで下さい。

それこそ、これで会社がどのくらい得をするのか利益が上がるのかを考えて見ればわかると思いますよ。

年間10万の利益が上がったとしても、あなたへの還元出来る金額なんて微々たる物です。

何年もの積み重ねが必要です、諦めずに提案し続けて下さい。

ちゃんと見てくれる人はいます。的を射た提案を続ければ会社は先行投資を行う事もあるんです。

希望を捨てずに頑張って見て下さい。

 

そんな悠長な事を言ってられないって人は、自分で仕事をするしか無いでしょうね。

自分の案が、そのまま即時形になり、直接利益になり還元されます。

でも案が的外れであれば、一切収入は見込めないかも知れません。

 

人が作ってくれた土台の上で、その仕事を手伝い、収益からお礼を分配してもらうのか

自分自身で土台を作り、手伝ってくれる人を求めて、収益からお礼を分配するのか

 

さぁ、あなたはどちらを選びますか?

 

ではでは、また

・LINEは、こちらから

ブログでは書かない事や、様々な情報を発信します。

友だち追加


・初めてお越しの方へ

○希道とは

○運の解釈

○占いとは当たるも八卦当たらぬも八卦


・素人が占い師になるメール講座【無料】

素人が占い師になるメール講座をスタートしました。
今はまだ何も出来ないけれど、人の役に立ちたい。
先々には独立して仕事をしたいなど思う方は、是非ご登録下さい。

メール講座ご登録はこちら

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。