月別: 2018年7月

転職準備、有給消化が終わった最終日にも事件が起り、退職後にも事件が起こる。

はい、こんにちは ご無沙汰しています。   転職準備 つづき② のその後です。   21日は用事があった為、20日に保険証を返しに行きました。 社長は、人に会う用事が有る為という事で不在でした。   出社し、上司(専務)に保健所を返還、しばらく上司と普通に会話していたら、突然話が変わり・・・   上司『もう社長に話す事はないの?』   私『話は終わってるので無いですよ。但し、約束した事を守らない様であれば、労働紛争でもなんでもしますよ』   上司『・・・』   今どき珍しいぐらいのブラック企業なので、叩けばホコリどころかゴミまで出てくるので、労働紛争なんて起こされると勝てる見込み零なので、当然固まりますね(笑)   完全に、黙ってしまったなぁ・・・と思いつつも自分のデスクの最終の確認をしていたら上司から反撃(のつもり)   上司『少し前の君の作業によって床の一部が破損している。ちゃんと責任を持って仕事をしてほしかった!』   私『はぁ?何の話ですか?何で今言うの?』   上司『…
メンタル・思考

親友の定義、友とは何でしょうか知人との違いは?

はい、こんにちは ※ fghiklの意味を知りたくて来た人は こちら 好きと嫌いは紙一重?! で、書かせて頂いた親友についての話をしようかと思います。   これは、私が思う定義であり絶対ではありません。 賛否両論あると思いますが、こんな考えも有るのかと思って頂けると幸いです。   では、まず・・・ 『友』とは・・・ 親しい知人や仲がよい事を示す漢字です。   一つの漢字で、もう既に親しい間柄となっています。   親しくない人は知人であって友人では無いのです。 なので私は、友人と言う言葉もほぼ使用せずに知人と言うことが多いです。 その言葉で気を悪くする人も居ますが、その程度を気にしている間柄と言うことで『友人』ではないです。   親しい・・・『親』とは非常に近いと言う意味もあります。 単純に親(おや)ですからね誰よりも近い事ですよね。   親兄弟の様に近い存在が友人であり、それに更に親をつける必要なんて無いんです。   強いて言うのであれば『真友』ですが、真友 = 友人であり、それ以外は、友人とは言いません。(笑) …
メンタル・思考

転職準備、もう労働基準法って何なのかなと思う。

はい、こんにちは ご無沙汰しております。   転職準備 転職準備 つづき① の続きです。   ようやく有給消化での休みです。 最初は、   社長『有給が5日あるので休んで下さい。』   って言ってたのに翌々日には、   社長『計算が間違っててなぁ7日あるので休んでね』   これって土日祝を挟むと、最終出勤日が凄く早くやるんですよ。 計算云々じゃなくて給料明細に記載する義務があった気がするけども・・・まぁ、そこは置いておきましょう   そして月曜日に・・・最終の打ち合わせ?   私『本当に7日で問題であってますよね・・・うんちゃらかんちゃら』   社長『あっ、間違っとるわ6日やわ』   私『そしたら休み一日減らしたらええんですね?』   社長『そうそう、そうして!』   普通に考えると、『もう1日ぐらいええから休んで』って言わないのかな?私が間違えた訳じゃないんだけどなぁ・・・   そして、私が作成したシステムの権利は買わないそうです。   社長『別…
メンタル・思考

好きと嫌いは紙一重?!本当は大好きなんじゃないですか?

はい、こんばんは (今後は、こんな時間が多くなると思います。)   さて、好きと嫌いは紙一重というのか、実は本質は真逆。   えっ?そらぁ・・・真逆でしょ?って思いました?   そういう意味ではないのです。   人を好きになるって、基本的に人の一端のみを見て好きになることが多いです。 その好きフィルターで、他の部分なんて見えなくなっちゃいますね。これが恋は盲目ってヤツです。   そして、実は嫌いな人の行動ほど、よく見ているし細かく知っています。 「あの人の、あー言う行動が嫌いなんだよ!あぁイライラする」なんて聞きますけど、内心「見なきゃいいのに」って思っちゃいますよね(笑)   わかりますか?好きも嫌いも、ある意味錯覚です。目につく場所の違いです。   好きな人と結婚しても離婚する・・・これって好きフィルター見えていないところが長く一緒に居ることで、「好き」が「日常」に変化し、好きフィルターが解除された嫌な所が見えてくるからです。   「昔は、違ったのに」って・・・正解です。あなた自身が見ている所が違ったん…
メンタル・思考

転職準備、社長との話し合いで見えたこと

はい、おはようございます。   転職準備の続きです。   数日前に、社長からの要望で話をしました。   今回は、私が退職届にて記載した退職理由と作成物に対する権利についての話   社長『今日は、別に文句を言うつもりではない。話を聞きたいだけや』   なので、そう言う事ならばと言うことで、ここに最初に入社した時からの話を全てし、『あなたは何も見ず、労働基準法も守っていない』と、事実を突きつけました。   1時間ほど話をし、私の要望が通る結果で終了しました。   しかし、ここからが、この社長のコワい所なんです。 自分の都合の悪い事は、後になって撤回して覆すのが常套手段なので、今回も都合の悪い部分に付いては、必ず撤回してくると思うんです。 撤回どころか、そんな事を言ったことは無いと言うことすら多々ある人・・・なので、今回は全て録音させてもらいました。   過去の話も持ち出し、その時に了承しましたよね?って質問し、『そうやったな』と同意した返事も、もちろん録音されており、過去の話についても撤回出来ない状況です。 &…
メンタル・思考