当たるも八卦当たらぬも八卦

まず、当たるも八卦当たらぬも八卦の代表的な意味は、

「占いとは当たる事も、外れる事も有るから気にする事はない」

です。

因みに八卦とは、陰陽の八種類の組み合わせで、風水などで使われる基本図像の事で、様々な流れを見る基本で結果となるので、八卦 = 占いと考えられています。

 

ここからは、私独自の解釈を説明しますね。(様々な解釈があり、何が正しいと言うことはありません。)

占いでは、まず現在の状態を視ます。(私の場合です。)
そこから必要であれば過去に起こった出来事を視たり、直接質問したりもします。

頂いた情報や、対面であれば直接オーラを視たり、霊視したりします。
それで、状況や相談者さんの信頼度により、大小はありますが現在の状態がわかります。

その状態と場合により四柱推命の結果を踏まえて未来に起きる出来事を「予測」します。
少しは視えている事も有るので、その当たりも踏まえての予測です。

このパターンなら、どの位の年齢の、どのタイミングで何が起きやすいのか・・・って言う予測なので、
ご自身の行動により、どんどんと変化します。

未来は自分で変化させる事が出来るんです。当然ですね・・・

予想された人生を歩むのか、自分の人生を歩むのか・・・
それは、あなた次第、占いが当たるも外れるも、ご自身で選ぶことが出来るんです。

結論、当たるも八卦当たらぬも八卦の意味とは

『当たっても外れても所詮は占いの結果であり、あなたの人生の結果じゃ無いんだから、気にしなくて良いですよ。』

ご納得頂けましたでしょうか?

 

不安、心配、恐怖で身動きが出来ない、そんな時には、是非、お気軽に占い師に頼って下さいね。

皆が幸せを感じ楽しい人生を歩む為に小さくても役に立てれば幸いです。

 

心に語りかける占い師 亀鏡

 

・LINEは、こちらから

友だち追加

 

・素人が占い師になるメール講座

メール講座ご登録はこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。